Tekuteku♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

寒波到来!

うー、寒さがしみる・・・><
西から寒波がやってきているとかで、これから数日はこの寒さが続くとか。
堪えます。
ある気温、7℃か8℃くらいかな?、それより低くなると、身体に柔軟性がなくなって、落ち着かなくなります。
こんな日も仕事に出ている人はたくさんいて、本当にお疲れさまです。
デスクに向かう人も集中しづらいんじゃないかと思います。
外回りの人は、インフルエンザなどもはやっているし、きっと本調子がでにくく疲れやすいと思います。
雨にも負けず、風にも負けず、冬の寒さにも負けず・・・

ひと昔前までは、この言葉は強い意志があればなんてことはない、と思っていたけれど、いやいや大変なことですね@@
だからこそ、一時しのぎの踏ん張りは、後々騒動になるのでは、と用心してしまいます。
年を重ねて前に進みずらくなるのは、こういう心の動きが原因なんでしょうか。
きっと、自分を支えてくれている、周りの人々への愛情の現れ。
大人になるって、いろいろ複雑です。
そんなもやもやを突き抜けて、何かをしたいと思う強い気持ちは、ピカイチに素敵だと思うのです♪

スポンサーサイト

PageTop

岡山 雪舟画日帰りツアー

母が、岡山県立美術館で開催されている「長谷川等伯と雪舟画展」に行きたい、ということでツアーを作ってみました^^

岡山というと、北の蒜山など山岳方面と、南の海側に分かれますが、今回は美術館のある岡山・倉敷方面で調べてみました。
倉敷は、その昔、両親がデートした若き日の思い出の場所でもあるようで取り入れておこうかなぁ、と。
そして、こんなコースになりました。

→岡山駅
→総社・宝福寺(雪舟が少年時代に修行した禅寺)
→倉敷・吉井旅館(江戸期の民家で営まれる老舗料理旅館の会席料理)
→岡山・県立美術館(長谷川等伯と雪舟画展)


美術館が17:00閉館なので、ササッと移動しないとゆっくり鑑賞できないので気をつけないと。
きっと大丈夫でしょう♪
和テイストツアーになりました。
私も同行するのかしら・・・??

PageTop

again マドレーヌ

昨日のマドレーヌ、今朝食べてみるとなんだかねっちりしていい食感じゃなかった。
うーーむ、と思い、先ほど再挑戦。
今度は、同じレシピで、卵と砂糖を泡立ててから粉類、溶かしバターをあわせていきました。
型に流し込むとき、空気を含んでいるので、かなり量が増えていて、昨日と随分違う生地になったなぁと感心。

焼いてみると、同じように周囲から膨らんで中央が最後にぷくっと膨れるのだけれど、今回は表面が少しザラザラとしているのと、膨らみ方が全体的に膨らんで、だんだん焼成中に沈んでいくところが違ってた。
ジェノワーズやウィークエンドケーキと似た様な状態かな?

調べてみると、本来のマドレーヌは気泡を作ってやくのではなく、膨張剤を入れることで炭酸ガスの力で膨らますのが伝統的な方法。
だから、今回作ったものはなんちゃってマドレーヌ^^
でも、昨日のものより表面はさくっ、中はふんわりしていて、なんだか好評をいただけそうな予感♪

明日は、ベーキングパウダーを加えて焼いてみようかなぁ。
みんな、飽きて食べてくれないかな・・・(^^;)

PageTop

マドレーヌ

貝のヒダが綺麗に出て、型離れもよいマドレーヌ型を見つけました。
気に入って、先日ふたつ目を買い足しました。
そうそう、と思い出し、今朝焼いてみました。

マドレーヌだけど、レモン皮はいれず、アーモンドプードルをいれて。

全卵・グラニュー糖 湯せん
ブランデー
小麦粉・アーモンドプードル
溶かしバター

をあわせて少し冷やしてから
190-200度で12分ほどオーブンへ。

焼き上がり、型からするりと離れ、うふふと上機嫌^^
嬉しいなぁ、バター塗ってないのに綺麗にはずれるの。

少し周囲に焼き色が強すぎるところがあったけれど、中央はふんわり。
ベーキングパウダーが入ってなくても、ぷくっと中央が膨らんでました。

お味はアーモンドの入ったケーキ・・・。
それ以上でも以下でもなく・・・。
卵白やココナッツを入れて、もう少しカリッとさせるか、
もしくはベーキングパウダーを入れてふわっと仕上げるか、
どこへ向かいたいのかわからないマドレーヌで、再考の必要がありましたね@@

お菓子修行、次回につづく・・・。

PageTop

ニョッキのクリームソース

今年初めてのお料理レッスンへ行ってきました。
コース仕立てのレッスンで、

・じゃがいものニョッキ クリームソース
・鯛のポワレ トマトソース
・ティラミス

どれも美味しかったなぁ。
まずはニョッキから。
バターとオリーブオイルできのこ達を焼き色をつけるように炒め、塩でしんなりさせてから生クリームとパルメザン、バターを加えて出来上がり。
ニョッキはジャガイモを潰したところにオリーブオイル、卵黄、塩、小麦粉をあわせてこねすぎないように混ぜて細長くのばし、短くカット。熱湯で浮いてくるまでゆでれば出来あがり。
あっという間にできちゃいました。
仕上げにパルメザンを少しふるって、こしょうでアクセントを。
ニョッキがふわふわしていて、ソースは濃厚で、初めてのお味でした。
おうちで作るときは、ヘルシーにしたいので、生クリームを半分くらい牛乳にして復習しようかなぁ^^

続いて、お魚のメインディッシュ。
ソースはニンニクの香りがでてきたら、ケッパーとオリーブ実、トマトを加えてグツグツ煮込むだけ。
鯛は両面塩こしょうして、皮目に7割りほど火を通して焼色をつけ、裏面は2割くらいで。
ソースをしいて、鯛をのせ、バルサミコとハーブで彩を。
お魚の淡白さとさらりとしたトマトソースで、少し多めだったけど全部いただいちゃいました。

最後はティラミス。
ビスキュイをフィンガーに絞り出し焼いてる間に、クリームづくり。
お菓子レッスンに通っていたので、作業してるとき褒められてニンマリ^^わーーい♪
小さなココットに層をつくって、さぁ冷やし固めたお味は・・・??
美味しい~~♪♪
やっぱりお菓子は昔からたくさん食べてきただけあって、馴染み深く、人より食べるスピードが早い早い!
普段のまないコーヒーとも好相性、いや、コーヒーが美味しかったのですね、きっと。

何より、先生のいろんなセンスが素敵で、今日も大満足なレッスンでした。
ありがとうございます。

PageTop

スフレ・フロマージュ

今日は祖父母に届けようと、作りおきのサブレ生地を出してスフレケーキを焼きました。
私はベイクドより、ふんわり柔かいスフレ派。
以前にお菓子のレッスンで習ったチーズケーキがスフレで嬉しかったなぁ♪
今日作ったのは、その復習レシピ。

空焼きしたサブレ生地に林檎のキャラメリゼを敷込み、カスタード・チーズ・メレンゲをあわせたスフレ生地を流して焼き上げること45分。
オーブンに入れると、だんだんぷーーっと中央が膨らんで、なんとも幸せな気分^^
焼きあがってすぐ、カップにいれて焼いていたスフレの余り生地を熱々のままスプーンでぺろり。
なんだかヘルシーな気がして、もうひとつのカップもぺろり。
こちらは、少し冷めてから食感の比較を。
うふふ^^
作っていると、味見なんだか間食なんだか・・・。

お砂糖を増やしてみたけれど、今度は風味に欠けていたような気も。
バターも生クリームも使用していないので、濃厚さはチーズのみだったからかもしれませんね。
チーズについてもう少し知る必要があります。
今回はクリームチーズをヨーグルトでのばしたので、風味がでにくかったのかも。
でも、なんだかんだいって、みんなに美味しいとほめてもらえた今日のチーズケーキ。
良かった良かった☆
次回はレシピ通り、フロマージュブランで再トライしてみよう♪
食べてくれたみんな、ありがとう^^

PageTop

お初釜

今日は、先週からの予報どおりこの冬一番の冷え込みに。
各地で降雪何十センチ、とお天気ニュースが飛び交っていました。
それでも関西地方は日差しがあり、街中では雪がちらつく位のよい日和でした。

お天気が気になるのも、今日は着物でお出かけをするから。
今朝は早起きして、母と京都へお初釜に行って来ました。
もう茶道のお稽古から離れて何年もたつので、目上の方ばかりのお席に緊張しつつ、お目にかかったことのある方・親戚ばかりだったので、和やかな時間を過ごさせていただきました。

今年はたつ年ということで、どこへいっても龍の掛け物やお道具が目に入ります。
今日も、お玄関に通していただくと、筆で「龍吟」と書かれた扇面が。
どうやらこれは、「龍吟雲起 虎嘯風生」からきているようです。
りゅうぎんずればくもおこり とらうそぶけばかぜしょうず

禅宗のホームページによると解釈は
龍が空で高く吟ずると雲が起こり、霧が起こって来る。
力量のある大人がものを言えば、この無心な自然界も自ずからそれに沿って動いて来る。
虎が嘯けば自然に風が生じて来る。
龍と虎、動物の中でもっともすぐれたものと、昔から中国では言われておるのである。
一たび龍が吟ずれば霧が起こり、虎がウーッと嘯くと風が生ずる。
自然界が自ずと動くような力があるのが、悟りの開けた大人物の在り方でなければならん。


力のある者が周囲を巻き込みより大きな事を成す、ということ
つまりカリスマ性でしょうか。

雲も風もその一瞬は感じることができるけれど、二度と同じはない。
時がうつろえば、力を持つ者も巻き込み方も雲や風の興り方も変わるんだろうなぁと、今日は感じました。

それはそうと、お席で出していただいた橘の実の砂糖漬け、爽やかな酸味と苦味で美味しかった。
橘にそんなに大きな実ができることも、食べられることもつゆ知らず、初めていただきました。

お茶事に行かせていただくと、多岐にわたり知らないことがたくさんあり、真面目に復習するととんでもなく賢くなれるのではないかと思うのです。
それがなかなかできず、今日を迎えたわけですが・・・。
うふふ^^

今日も一日、本当にありがとうございました。

PageTop

ベートーベン

ヴァイオリンを習っているお友達が声をかけてくれ、発表会でベートーベンの『ロマンス』をピアノ伴奏させてもらうことになりました。小さいころからクラシックピアノを習っていましたが、楽器と合わせるのは初めて♪いつか合わせてみたいなぁと思っていたので、念願の二重奏です^^
ベートーベンというと『悲愴』や『熱情』など激しい音楽のイメージでしたが、こんな甘い雰囲気の曲もあったのかと、意外な印象でした。

ベートーベンの誕生は1770年、ドイツ・ボン。
祖父は宮廷楽長、父は宮廷歌手という家に生まれ、7才でピアノ演奏会を開き13歳で曲を出版していたそうです。
22歳のころ楽都ウィーンに移り住み活躍するも難聴におかされ、再起を遂げてかかれたのが『エロイカ』『熱情』『運命』『田園』などの交響曲を主とした傑作。
耳がよく聴こえなかったこともあってか、かんしゃくもちで、四週間以上続いたメイドはいなかったそう。ウィーンに越してからは80回以上も居を移した引越し魔だったとか。
56才で肝硬変でなくなるまで独身を通した孤高の人でもあったようです。
苦悩の中から生み出された名曲の数々なのですね。
音楽室に飾ってあったベートーベンの肖像画を思い出します。

音楽史も少しずつ学んで、未来のウィーン旅行に備えようと思います^^

PageTop

ニューイヤーコンサート

元旦に生中継で放送される、ウィーンフィルニューイヤーコンサート。
聴いていると、束の間ヨーロッパの貴族になったような気分に浸り、その優雅さに小さいころから憧れていました。
今年は録画して、何度も見返しては陶酔してます。
今年の指揮者の選曲には、ロシアの方らしく『眠れる森の美女』も含まれていて、寝る前に聴くと本当に幸せな気分になれます。
森の泉から天使が湧き上がってくるような、光のヴェールを感じさせる音色や、満ちたりた時の流れを感じさせる甘美なメロディー。美しいです。
宮殿内でのバレエ演出も、名画の中を舞うダンサーたちの姿と衣装にうっとり。言葉通り、見惚れています。今年の振付監督はコンテンポラリーの要素を取り入れて、例年より少しモダンバレエ気味。
それでも、クラシックな音楽と宮殿にぴったりと重なり、なじんでいました。
何もかもが伝統の年月のうちに高められ、感動をよぶのかなぁ。
これからもずっとずっと見続けたいです。
いつかの日にか、私にもウィーンを訪れる幸せな時が来ると願って♪

PageTop

バゲット初挑戦!

ホームベーカリーを使って、バゲットを焼いてみました。
パナソニックがまだNational時代の古い機械。
中高生の頃、これでよく生地を発酵させて、母がピザを焼いてくれました。
部活から帰ってきての楽しみのひとつだったなぁ。
最近は、残りごはんまでもパンに焼きあげる新しいものも出ているようだけど、我が家は昔のまま^^
280gの中力粉で四本焼きました。
思ったより上出来だったけど、かたーーーい!
外がパリパリを通り越してガリガリ!中はふんわり伸びのある感じ。
焼成前の霧吹きを増やして、今度再トライしてみよう。
あと温度も220度で25分だったけど、250度で18分にしてみて。
フランスパンも奥が深くて楽しそう♪

PageTop

初稽古

今日は、華道教室の初稽古に出ていました。
花材は額草とラッパ水仙。額草は、芽吹いたばかりの紫陽花の枝。細長いなかにもしっかりした太さがあり、逞しくも見えます。ラッパ水仙は、花の中央が山吹色、周囲の花びらは透明感のあるさわやかな黄色。ここ数日の日差しのように、春の訪れを予感させる取り合わせです。

お稽古場のお手伝いを始めてもうすぐ二年。久しぶりのお稽古で、予想以上にぐったり疲れてしまいました。何十年も続けてお稽古にこられている70代、80代の方々と私などが目線を同じくできるはずもなく、家に帰って、あーすればよかったのか、こーすればよかったのかと、ぐるぐる後悔マーチを頭の中で巡らせてはへこんでしまいます。そんなことしても仕方ないのに・・・。あまり深く考えずに、次に向かうこと。その先に大きな目標があれば、自然とそうできるのかもしれません。
目標をもつこと、いま一番の課題です。
いくつもの目標をこえてその先に、きっと笑顔のおばあちゃんになった自分がいると信じて。来週のお稽古も頑張ろう、私には見習うべきたくさんの先輩がいらっしゃるのだから^^

PageTop

初めての記事♪

美味しいものとお出かけが大好きだった私の祖母。
いつの日か、私にも家族ができていろんな話をする時が来るのかなぁ。
未来のことはまだわからないけれど、30代の幸せを、日々綴っていこうと思います♪

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。