Tekuteku♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あと一日!

いけばな展も後期二日目が終了し、のこすところあと一日!

早朝から夜遅くまで、会場に立ち詰めの先生方、みなさん、本当にお疲れのことと思います。
明日でやっとやっと開放され、睡眠・食事、自由な時間を取り戻せるのです。

そんな皆さんを元気づけようと、85歳になられるお教室の方がおばんざいをこしらえ、お持ちくださいました。
私も頂戴し、身体に染み入る家庭の味にホッと一息。

毎日、お寿司とお菓子ばかりだったので、おかずが嬉しい!
酢の物、香のものまでご用意いただいて、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

今朝は、カラーの葉が弱いために、クッカバラの葉を取り寄せていただき、手前と後ろ、後方添えの3枚で足元がまとまりました。


スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

お華って深い・・・
色んな手法と使って あの手この手で
土台をしっかりとかためるのね。
カラーの土台(?)になった*モッコウバラの葉*に
会いたくなっちゃった❤
毎日お疲れ様です。
もう少し 癒しの空間で 頑張ってねっ!!

そうそう!
うちの娘が(この間の~)
ちえちゃんって すんごく柔らかい話し方で
癒される~って言ってたよ~笑
我が家にはまったくない生き物だ~って
失礼なこといってました~!!
また癒されたいって~!(^^)!

blue | URL | 2012/02/07 (Tue) 17:36 [編集]


ありがとうございました!


無事に、華展終了しました!
寒い中を娘さんも一緒に出ていただいて、本当にありがとうございました><

製菓での偶然の出会いから、去年、今年と時を経てまたこうして再会できるなんて・・・!
とても嬉しいです♪
娘さん、そんなそんな・・@@
ありがとう。^^

多感な年頃のはずなのに、親子でとても仲よくされてて憧れます。

お華、深いですよね。
私もまだまだよくわかりません@@

ただ、はじめに教わったことは、それぞれの華材の一番いいところを見つけてあげる、ということ。

どの作品もぴょンぴょンと細長い枝が目についたと思うのですが、それが作品のなかの主体。

たとえばアセビなら、たくさんある枝のなかから、一番素直にのびていきいきしている線を選ぶ、そしてその主体となる線を生かすために、余分な葉や脇枝を省略する。
そうすると、おのずと細長い線が残るわけです。
山にあるアセビは葉がこんもりしているのが特徴。
そのこんもりしたところも枝先に残し、省略されても、アセビらしさは残されている。   ハズ・・・。

花や葉はあくまでもその主体を彩る添えとして、加えられていきます。

要するに、肝心要はその本質を生かすということ、かな?

やっぱりよくわかりません、、、深いですね・・・(笑)
頑張ります^^

幸せなバレンタインを~☆☆

happyシンデレラ | URL | 2012/02/08 (Wed) 17:02 [編集]


 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。