Tekuteku♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

白根草とスカビオサ・玉しだ

お稽古のとりあわせ。

白根草(シロネグサ)はセリ科の植物で、ルバーフのように中が空洞になった角柱で、竹のように途中に横筋がはいっていて、緑の茎に赤い線が出ています。枝先には2枚の縦長い葉がついています。いけるときはその葉がピースサインのように横並びではなく、縦におくように。また、主体にはある程度軸の太いものを、つなぎや影にはあまり太すぎないものを選びます。
スカビオサは、和名では松虫草、リンボウギクとも。紫色はよくみかけますが、今回はえんじ色の素敵な種類。葉がないので、玉しだを葉として用いました。まず、花の美しいものを選び長さを決めたら、玉しだを2枚向かい合うように花の足元に添えます。重ねる2枚のうち、下は長く、上は短めに。
細い白根草をつなぎに用います。
スカビオサを後方にも立てて、小さなものを高く、大きく咲いたものは低くいけます。
花の茎があらわになるので、玉しだを手前に添えます。
スカビオサの枝別れしたもののうち、赤ちゃんのような小さな緑のものは省略します。
最後に、後方の白根草はある程度高さを残して、細いものをもってきました。
スカビオサは高いものを3本、短いものを1本、玉しだは4枚、白根草を3本用いました。
広口に剣山を使用して。白根草の明るい緑とスカビオサのシックな赤色で大人な馨の

PageTop

黄素馨と芍薬

お稽古のとりあわせ。
枝先に小さな黄色いお花がたくさんついて、葉も青々と美しい黄素馨。モクセイ科で、別名はイエロージャスミン。あわせるのは、ほんのりと桜のようにほのかなピンク色の芍薬のつぼみ。

まず、黄素馨は枝先にお花のついたのびやかなものを選びます。
先に葉とお花があるので、重くならないよう分かれている枝葉を省略し、主体の線をすっきりと出します。
芍薬は足元の葉を使えるように省略して、立てていけます。
花の軸があらわになるので、先ほど残した葉を花と花器をつなぐよう手前に添えます。
つなぎは、黄素馨の葉の部分を選びました。
主体の線を出す際に省略したものでも大丈夫。長さが短かかったり、不安定なようなら太い枝をたて半分にきったものにつなぎの足元をはさんで重さを出し、安定させます。
かげには、花の部分が少しあるものを。低めに分量多すぎないように。
芍薬の後方に葉を立てました。
なんて品のあるとりあわせ、大好きでした。
芍薬の淡い色味がほんとに綺麗で、黄素馨の伸びやかさが

PageTop

黒もじとプチソレイユ

ふたつめの華材は、黒もじとプチソレイユ。
黒もじは黄緑の爽やかな葉が枝先にふわふわとついて、春らしい美しい色。
枝の肌をみると、黒い表面に少し黄緑がのぞく感じ。でも、青もじはもっと青々しているようで、こちらは黒もじ。
プチソレイユは、小さな百合のつぼみが5つほどついていて、すかし百合と姫百合の交配種。
器は、広口で。

主体は、乙女剣山にいれてみて定まらないようなら足元に枝の短いものを前後に交差させて固定します。
線をみて不要な枝先は省略していって。
プチソレイユは、葉の美しいものを手前に。
つぼみがたくさんつきすぎているので、3つほど残して、いらないつぼみは落とします。これが難しい。
向き、つぼみの長さ、バランスをみながら。
つなぎをいけたら、後方のプチソレイユもつぼみを省き3・4つ残して。
前方と後方の花の向きは、表情を変えるようにして。
かげは枝のいくつかついたものを、高低つけて整えました。



PageTop

うらじろの木と都わすれ

約一年ぶりのお花のお稽古。
華材はうらじろの木と都わすれ。器は基本に戻り、尊式で。

今回はまっすぐに伸びた主体を選びました。
対照の都わすれは葉の美しいものを、花の向きが平面的にならないように線で立てて添えます。
奥にいける都わすれは、手前の都わすれと表情を変えてみて。
影は、短いもの、高いものでバランスをみて。
今回は、枝の太いものを葉のつぼみ部分を先にして切り、低くいけて、葉のついたものを内側に高めにいけました。
まとめに、後方に都わすれの葉を添えて、お流儀花、完成しました!

PageTop

再開

仕事の都合で、しばらくお休みしていたお花のお稽古。
願い叶って、また再開できることになりました。
家族、健康、そして周りの人たち、環境に恵まれているからこそできること。
感謝の気持ちを忘れず、末永く続けていけますように。
てくてく、頑張ろう。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。